累計700万本販売「奇跡の歯ブラシ」はこちら

歯ブラシの毛先や形状の種類、硬さそれぞれの良さとデメリット

歯ブラシには多くの種類があり、毛の硬さや形状が異なります。自分に合う歯ブラシを使うことは、歯の健康を守るために重要です。

今回は、自分に合った歯ブラシの選び方、歯ブラシの種類と特徴、歯ブラシの交換時期についてご紹介します。

歯ブラシの選び方は?

歯ブラシは、歯の表面や歯と歯茎の間につく歯垢を除去する役割があり、正しく歯垢を落とすことで虫歯や歯周病、口臭を予防できます。しかし、自分に合っていない歯ブラシを使うと十分に歯垢を落とせずに予防の効果が得られません。

歯ブラシはヘッドの大きさや毛の硬さ、毛先の形状などに種類があります。口と歯の状態は1人1人違うため、自分の口と歯の状態に合った歯ブラシを選ぶことが大切です。

歯ブラシの種類と特徴

様々な種類の歯ブラシ

歯ブラシの種類と特徴について解説します。

ヘッドの大きさ

ヘッドの大きさは、「大きめ」「小さめ」があります。

大きめ

「大きめ」サイズは一度に磨ける面積が広いのが特徴です。細かい部分に毛先が届きにくく磨き残しやすいデメリットがありますが、高齢者や歯ブラシを細かく動かすのが苦手な方に向いています。

小さめ

「小さめ」サイズは操作性が高く、細かい部分や奥歯まで届きやすいのが特徴です。歯並びが悪い方や歯ブラシが奥歯に届きにくい方は、ヘッドが小さめのサイズが向いています。

ヘッドの大きさは上の前歯2本分が目安といわれているため、歯の幅も考慮しながら選ぶのがおすすめです。

毛の硬さ

毛の硬さには、「かため」「ふつう」「やわらかめ」があります。

かため

「かため」の歯ブラシはしっかりとした磨き心地で、歯垢を落とす効果が高いのが特徴です。ただし、ゴシゴシ力を入れて磨くと歯や歯茎を傷める可能性があります。そのため、高齢者や歯を磨く力が弱い方に向いています。

歯質が硬く歯茎が健康な状態であり、磨く力をコントロールできる方であれば使用しても問題はありません。

ふつう

「ふつう」の硬さの歯ブラシは適度な硬さで扱いやすいため、効率よく歯垢を除去できます。歯や歯茎の状態が健康な方は、「ふつう」の歯ブラシを選ぶのがおすすめです。

やわらかめ

「やわらかめ」の歯ブラシは歯や歯茎を傷つけにくく、細かいところまで毛先が届きやすいのが特徴です。刺激が少なく優しく磨けるので、歯茎に炎症がある方、歯茎が過敏な方、高齢者などに向いています。ただし、歯垢を落とす効果が低いため、丁寧に磨くように注意してくください。

毛の材質

毛の材質には、「人工毛」「自然毛」があります。

人工毛(ナイロン、PBTなど)

歯ブラシの毛は「人工毛」が多く、市販されている歯ブラシのほとんどはナイロンが使われています。ナイロンは吸水性が低く、細菌が繁殖しにくいのが特徴です。

他にも、人工毛の歯ブラシにはPBT(飽和ポリエステエル樹脂)が使われていることがあります。PBTはナイロンよりも吸水性が低く、耐久性に優れています。

自然毛(豚毛、馬毛など)

豚毛や馬毛などの「自然毛」を使った歯ブラシは適度な弾力があり、「人工毛」より柔らかいため歯や歯茎を傷つけにくい特徴があります。

ただし、吸水性が高く雑菌が繁殖しやすいデメリットがあるため、使用後はしっかりと乾かして衛生管理をすることが大切です。

毛先の形状

毛先の形状には、「ラウンドカット毛」「テーパード毛」があります。

ラウンドカット毛

一般的な歯ブラシは、毛先を丸く加工した「ラウンドカット毛」を使用しています。毛先が丸いため歯茎を傷つけにくく、歯の表面の歯垢を効率よく除去できるのが特徴です。

テーパード毛

「テーパード毛」は、先端に向かって細くなっているのが特徴です。歯と歯の間や、歯と歯茎の間に毛先が届きやすく、歯や歯茎への刺激が少ないメリットがあります。歯周病ケアをしたい方、やさしい磨き心地が好みの方におすすめです。

ブラシの形状

ブラシの形状には、「フラット」「山形」があります。

フラット

毛先が平らになっている「フラット」タイプは均等に圧力をかけられるため、歯の表面の歯垢を落としやすいのが特徴です。歯と歯の間も歯ブラシの角を使って磨けるため、歯列が整っている方は基本的に「フラット」タイプがおすすめです。

山形

市販されている歯ブラシには、毛先を「山形」にカットしたタイプがあります。毛先の形を変えることで、歯と歯の間を磨きやすいように工夫されています。歯並びが複雑な方、フラットタイプでは歯と歯の間が磨きにくい方は「山形」タイプがおすすめです。

さまざまな形状があるため、歯の形状に合っている商品を選びましょう。

ハンドルの形状

ハンドルの形状は、「太め」「細め」があります。

太め

歯ブラシのハンドルは、商品によって太さが異なります。「太め」のハンドルはしっかり握ることができるため、少しの力でも歯を磨きやすい特徴があります。握力の弱い方や高齢者は、太めのハンドルを選ぶのがおすすめです。

細め

「細め」のハンドルはペンを持つように握りやすく、細かく動かして丁寧に磨ける特徴があります。基本的には、まっすぐで細めのハンドルを選ぶのがおすすめです。また、磨く力が強い方は、「細め」のハンドルを使うと力の入れすぎを防げます。

歯ブラシの交換時期

清潔な歯ブラシで歯磨き

歯ブラシは、毛先が広がると歯垢を除去する効果が低下します。使い続けると毛先が開いていない状態でもブラシの弾力は落ちていくため、歯垢を除去しにくくなります。

歯や歯茎を傷める原因にもなるため、歯ブラシは1ヶ月に1本を目安に定期的に交換しましょう。