累計700万本販売「奇跡の歯ブラシ」はこちら

プラークチェッカーは歯磨きの磨き残しをチェックできるスグレモノ!

虫歯予防には歯磨きがかかせません。ところが、きちんと歯磨きをしていたつもりでも磨き残しで歯垢が残ったままでは虫歯を予防できません。

ここでは歯磨きがきちんとおこなえているか、磨き残しがないかを確認する方法について解説します。また、磨き残しを確認するための商品についても紹介します。

歯ブラシでの磨き残しが多い場所

磨き残しのない歯

磨き残しが多い場所は、歯と歯の間、歯肉と歯茎の境目、奥歯の噛み合わせ部分、歯の裏側など歯ブラシが届きにくく、また複雑な凹凸の場所です。

他にも、抜けた歯の周りや歯と歯が重なった場所、歯の高さが違う場所にも注意が必要です。

歯磨きで磨き残しが多いとどうなるの?

磨き残しが多いことは、歯垢(プラーク)が形成される原因となります。

歯垢とはミュータンス菌などの細菌の塊で、むし歯・歯周病などの原因になります。歯垢は付着力が強く、うがいでは落とせないため歯磨きで除去する必要があります。歯垢1mgには1億個以上の細菌が存在するといわれています。

歯垢を放置すると、2~3日で石灰化し始め歯石へと変化していきます。歯石とは灰白色の石のような硬い塊です。歯石は歯ブラシでは落とせないため、歯科医院にて除去してもらう必要があります。歯石は虫歯、口臭、歯周病のリスクを高めます。

歯磨きの磨き残しを減らす方法

歯と歯の間や奥歯は特に、1本1本意識して丁寧に磨きます。奥歯の裏側は歯ブラシを縦や斜めにして様々な角度から当てて磨きます。

上の前歯の裏側は歯ブラシを縦にして磨き、下の前歯の裏側は歯ブラシのかかと部分を使用することで、磨きやすくなります。

歯肉と歯茎の境目は歯ブラシを斜め45度に当て、優しく小刻みに動かします。こうすると歯茎へのマッサージ効果も期待できます。ただし強い力で動かすと歯茎を傷つけ出血するリスクがあるため、注意が必要です。歯ブラシで届かない歯と歯の隙間などはデンタルフロスや歯間ブラシを活用しましょう。

また、歯の状態をチェックしながら磨くのも効果的です。舌で歯に触れてみて、ザラザラしている箇所はもう一度磨きましょう。磨く順番を決めて磨くことも効果的です。

それから自分の歯磨きの癖を知ることも大切です。どの部分に磨き残しが多いか知ることで、次回からその部分を重点的に磨くことができます。

歯磨きの磨き残しを確認する方法

磨き残しは、プラークチェッカーと呼ばれる歯垢染色剤を使用することで確認できます。

プラークチェッカーとは、歯に付いている汚れを染め出す色つきの液体のことです。歯についた歯垢は歯と同じ白色をしているため、一見したところでは判断することが困難です。そこでプラークチェッカーを用いると汚れが染め出されるため、磨き残しが判別しやすくなります。

プラークチェッカーの使い方

普段通りに歯磨きを行った後、プラークチェッカーを使用します。液体やジェル状で塗布するものもあれば、錠剤など様々な種類があります。使用すると汚れが染め出され、どこに磨き残しがあるかわかります。この時染め出された部分を重点的に磨き、磨き残しがないようにしておきましょう。

プラークチェッカーは一般的に食用色素が使われているため、飲み込んでしまっても問題ありません。

おすすめのプラークチェッカー5選

Ci『プラークチェッカー(歯垢染色液)』

Ci プラークチェッカー 歯垢染色液

(購入ページURL:http://www.amazon.co.jp/dp/B005NEUEU4

ストロベリー味のフルーツフレーバーで、子どもにも使用しやすいプラークチェッカーです。キシリトールも配合されています。軽く染まり早く落とせることが特徴です。

使用方法は、綿棒や綿球などに本品の液を数滴浸し、歯面全体にいきわたるよう塗布します。塗布後、お水で軽く1~2回すすいでください。赤く染まっている箇所が磨き残しをしている部分です。

GC『プロスペック 歯垢染色ジェル 40g』

GC プロスペック 歯垢染色ジェル

(購入ページURL:http://www.amazon.co.jp/dp/B004JZP7QE

使いやすいよう、クセのない味と香りをわずかに加えている歯垢染色ジェルです。

使用方法は、綿球または綿棒に本品を浸し、歯に塗布します。綿球または綿棒がなければ、直接口中に適量を舌で広げて使用してください。塗布後、一度軽く口をすすいでください。歯垢の付着部分が、赤く着色されます。

クリアデント『歯垢染色錠 12錠』

クリアデント 歯垢染色錠

(購入ページURL:http://www.amazon.co.jp/dp/B0012RBW9I
錠剤タイプのプラークチェッカーです。

使用方法は錠剤(1錠)を噛み、舌で歯に伸ばして赤く染めます。唾液とともに吐き出します。うがいの必要はありません。赤く染め出された部分が磨き残しの部分です。

松風『ハミガキ上手PRO いちご味 180ml 1本』

松風 ハミガキ上手PRO いちご味

(購入ページURL:http://www.amazon.co.jp/dp/B00CGTZ9C2

歯垢チェックとハミガキが同時にできる、歯垢染色液体ハミガキです。

使用方法は専用カップで適量(約3mL〜5mL)を口に含み、まんべんなく口腔内に行き渡らせます。10回ほどブクブクしたら、はき出します。赤く染まった部分が歯垢になるので、そこを中心に歯磨きをします。

チュチュベビー『ジェルチェック(ハミガキジェル)イチゴ味』

チュチュベビー ジェルチェック イチゴ味

(購入ページURL:http://www.amazon.co.jp/dp/B004QZAI1Q

ハミガキジェルとプラークチェッカーが一つになった製品です。

使い方は適量を歯ブラシに塗布し、普段通り歯磨きします。一度水ですすぎ、赤く染まった歯垢部分を再度歯磨きします。その後水ですすぎます。またうがいでなくふき取りでも可能なため、うがいの出来ないお子様でも使用できます。

プラークチェッカーを使用して磨き残しのない歯磨きを!

プラークチェッカーを上手に活用し、普段の歯磨きの癖を知ることで磨き残しのない歯磨きを心がけましょう。歯垢のない清潔な歯を保ち続けていきたいですね。