累計700万本販売「奇跡の歯ブラシ」はこちら

歯垢と歯石の違いって?歯磨きで解決できることは?

歯に付着する汚れで、歯垢(しこう)と歯石(しせき)はよく聞く言葉です。

今回はそれぞれの違いについてと、歯磨きで落とせるものと歯科にいく必要があるものについて解説していきます。

最後に、歯垢を落とすため、おすすめのデンタルフロスについても紹介していきます。

歯垢(しこう)とは

歯の歯垢

歯垢(しこう)とは別名「プラーク」とも呼ばれます。

歯の表面や歯と歯茎の境目、歯と歯の間に付着している細菌の塊のことを指します。食べカスは口の中に残った飲食物そのもので口をすすげば落とすことができますが、この細菌の塊は白くねばねばしており、歯にしっかり付着しているため歯磨きでしか落とす事ができません。

食べ物の残りカスと異なる点は、歯垢は細菌とその細菌が代謝したものが集まっているものを指していて、単純に食べ物ではないことです。

歯垢にはたくさんの細菌が住み着いています。その数は1mgの歯垢の中に100億個以上の細菌が生息しているといわれています。この菌の中には、虫歯や歯周病の原因となる菌が存在しているため、しっかりと歯垢を落としていく必要があります。

特に虫歯の原因菌であるミュータンス菌は歯に付着しやすく、強固な歯垢を形成するといわれています。早めに取り除くことが重要です。

歯垢の形成について

歯垢がどのように形成されるかについて解説していきます。

まず歯の表面のペリクルという膜にレンサ球菌が付着します。その後細菌が集合することにより、細菌の巣が形成されます。そこから多種多様な細菌がさらに集合し、巣がどんどん拡大していきます。

一度巣が形成されてしまうと簡単に落とすことができなくなり、こうして粘着力のある歯垢が歯の表面や歯茎の境目に形成されますこの頑固な巣の状態は「バイオフィルム」と呼ばれます。

歯垢のつきやすいところ

歯垢は、いわゆる磨き残しが多い所に付着する傾向があります。

歯と歯の間、奥歯の噛み合わせの部分、歯と歯茎の境目、抜けた歯のまわり、歯と歯が重なった部分などは歯垢がつきやすいため、念入りに磨く必要があります。

歯垢の除去方法

歯垢は歯ブラシのブラッシングやデンタルフロスで落とす必要があります。特に歯と歯の間は狭いため歯ブラシだけでは落としきれません。歯ブラシだけでは6割程度しか歯垢が除去できていないというデータがあります。

もちろん定期的に歯科を受診し、歯のクリーニングを行うことも大切です。

歯石(しせき)とは

歯石(しせき)とは歯垢が唾液中のカルシウムやリンと結びついて、歯と歯の間や歯茎の部分で石灰化した塊のことを指します。

歯石の表面は滑らかではなくざらついているため、歯垢が付着しやすくなります。更に歯石は歯周病、虫歯、口臭の原因にもなります。

歯石の形成について

個人差もありますが、歯垢を放置すると2~3日で石灰化しはじめ、やがて歯石へと変化していきます。およそ2週間程度で石灰化が完了し、歯石になるといわれています。

歯石になると自力で除去するのは困難です。また歯石にも種類があります。歯肉縁上歯石と呼ばれる歯と歯肉の境目から上にある歯石と、歯肉縁下歯石と呼ばれる歯と歯肉の境目の下で歯周ポケットの中にある歯石です。

歯肉縁上歯石は黄白色で柔らかいですが、歯肉縁下歯石は茶褐色で硬いです。歯周病の悪化の原因となるのは歯肉縁下歯石といわれています。

歯石がつきやすいところ

縁上歯石は歯垢が唾液と結びついて形成されるため、唾液腺がある部分に付着しやすいです。下の前歯の裏側や上の奥歯の外側につきやすいため、日頃の歯磨きではその部分はとくに念入りに歯垢を除去する必要があります。

歯石の除去方法

歯石になってしまうと自力で取り除くことはできません。歯科にて専門的な器具(スケーリングやPMTCなど)により取り除きます。歯垢が自分でケアできるのに対し、この点は大きな違いです。

その上、保険診療での歯石の除去は国が指定したルールに基づいて、地域が決めた回数に分けて行う必要があります。これは、歯石取りを一度に行ってしまうと出血や苦痛を伴う可能性があるためです。特に歯と歯茎の間の炎症が酷い人はこの傾向があります。

重症化すると歯石取りが数回に及ぶ為一度で終了せず、何回も歯科に通うことになるため負担も増えます。そうならないためにも歯垢の段階で除去していく、日常的な歯のケアが大切です。

おすすめのデンタルフロス5選

ここでは歯垢除去におすすめなデンタルフロスを紹介していきます。

クリニカ『アドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ』

クリニカ アドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ

(購入ページURL:http://www.amazon.co.jp/dp/B07B5CD8NY/
Y字型ホルダーなので、ムシ歯になりやすい奥歯の歯間にも入りやすく、しっかりケアできます。120本のミクロ繊維にたるみをもたせているため歯面を広く覆い、歯垢をからめ取ります。洗って繰り返し使える高強度フロスを採用しています。

小林製薬『小林製薬の糸ようじ フロス&ピック デンタルフロス』

小林製薬 小林製薬の糸ようじ フロス&ピック デンタルフロス

(購入ページURL:http://www.amazon.co.jp/dp/B07CM5Q1T9/
ピンと張られたかき取り効果の高い6本糸が、ネバつく歯垢を次々に絡め取ります。丈夫な糸で切れにくいのもポイントです。柄の先端には、食べカスを取るのに便利なカギ状のピックが付属しています。

クリニカ『アドバンテージスポンジフロス』

クリニカ『アドバンテージスポンジフロス』

(購入ページURL:http://www.amazon.co.jp/dp/B016KI5GCM/
膨らむフロスが隙間の歯垢をからめ取るデンタルケア用品です。唾液、水分でスポンジが膨らみ、歯肉に優しく歯垢を効果的にからめ取ります。なめらかでスリムなフロスなため、初めて使う方でも歯間にスルッと挿入でき、スムーズに磨けるデンタルフロスです。

REACH(リーチ)『リーチデンタルフロス ワックス』

リーチ デンタルフロス ワックス

(購入ページURL:http://www.amazon.co.jp/dp/B0778WP929/
歯間に入りやすいワックス加工の定番フロスです。極細繊維が優しくきれいに歯垢を除去します。フロス初心者の人や、歯間が狭い人におすすめです。

小林製薬『小林製薬のやわらか歯間ブラシ 極細タイプ』

小林製薬 やわらか歯間ブラシ 極細タイプ

(購入ページURL:http://www.amazon.co.jp/dp/B072C34KFN/
歯と歯茎にやさしいゴムタイプです。ゴムが歯間に密着するので、歯垢を効果的に取り除けます。先端が細くなっている先端先細加工が施され、狭い歯間にもスムーズに挿入できます。SSSS~Lまで幅広いサイズに対応した全4サイズがあります。初めての人は、一番細いSSSSサイズから使用してみるのがおすすめです。

歯垢の段階で早めの除去を

歯石になると歯科での処置が必要なため、歯垢の段階で除去することが大切です。デンタルフロスや歯間ブラシを併用しながら、毎日しっかりケアしていきましょう。